ルミキシル効果間違った知識

ルミキシル効果の間違った知識とは

ルミキシルの長所と短所

ルミキシル(lumixyl)シリーズはシミやくすみ、そして美白を意識する女性にとって、とても有効な美白化粧品であることは間違いありませんが、やはり得意分野と不得意分野があり、効果的な使用方法はありますので説明していきます。

 

ルミキシルの特徴と言えば、やはりルミキシルペプチドですが、これは前にも説明した通り、ハイドロキノンの17倍の効果があるのはシミの元であるメラニン色素、チロシナーゼの抑制効果がハイドロキノンの17倍ですから、大きく言ってしまうとシミ予防の効果がハイドロキノンの17倍ということになります。

 

もちろんルミキシルのグリコピールローションやブライトニングクリームなど併用して使うことで、すでに出来てしまったシミやそばかすにも効果的ではありますが、正直ハイドロキノンの効果には勝てません。

 

またグリコピールローションはピーリング効果がありますが、トレチノインハイドロキノン療法の効果には到底及びませんので、予め知っておくべき情報です。

 

>>ハイドロキノン治療薬のユークロマクリーム最安値はオランダ屋>>

 

>>トレチノイン治療薬のスティーバA最安値もオランダ屋>>

では、なぜルミキシルを薦めるのかという話になりますよね

ルミキシルとトレチノインハイドロキノン療法

ではなぜルミキシルを薦めるのかという話になりますが、トレチノインハイドロキノン療法は、私も経験しましたが、治療は3ヶ月を1クールとして考えて、更に治療初期には肌が炎症を起こすような赤み、皮膚が腫れ上がるような感覚、そして肌がポロポロと剥がれ落ちてきますので、極度の乾燥状態になり保湿を常に意識したり、赤みを帯びているときに紫外線などの外部からの刺激を受けると色素沈着してしまうので、治療中は最新の注意が必要になります。

 

メイクは出来ますが、やはり仕事を持っている場合、よほど酷いシミや肝斑でない場合は、ルミキシルシリーズを使用して肌に負担をあまりかけずに、徐々にシミを薄く、そして消していくことをオススメします。

 

ただし、ルミキシルシリーズを使ってもシミが気になる場合は、間違いなくトレチノインハイドロキノン療法で美白治療をすることをオススメします。

 

私はまずはルミキシル、それでも満足できない場合にはトレチノインハイドロキノン療法という順序で推奨しています。

 

>>ルミキシルシリーズの最安値は海外正規品のオランダ屋です>>

 

page top